Blog&column
ブログ・コラム

トイレ交換のタイミングを考える

query_builder 2022/01/22
コラム
24
毎日の暮らしに必要なトイレですが、もちろん寿命があります。
しかし、実際に交換を考えるとなると、いつを目安にしたらいいか悩む方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、トイレ交換のタイミングを考えていきたいと思います。

トイレ交換のタイミング
トイレの耐用年数
トイレの耐用年数は約15年と言われていますが、陶器製であれば100年は使えると言われています。
しかし、タンクやパイプなどの他の部品は劣化してしまいます。
一般的にタンクは10年、配管は20年での交換と言われています。
また温水洗浄機の寿命は10年とされています。

■汚れによる劣化があった場合
トイレの寿命に関わらず、汚れが気になって交換するケースもあります。
掃除をしても汚れや黄ばみなどの変色が改善しない場合や除菌や消臭をしても嫌な臭いが無くならない場合は、交換も検討しましょう。

■故障やひび割れ
便器がひび割れてしまうと修理が不可能です。
またトイレが詰まることが多くなってきた場合も交換のきっかけとなります。

■部品や配管が劣化・故障した場合
各部品や配管が寿命を迎えたまま使用を続けると、次のようなトラブルが発生する可能性があります。

・水漏れ
・詰まり
・レバーの空回りやレバーが戻らない

■節水対策
最新のトイレは節水機能に優れた商品が数多く販売されています。
古いトイレでたくさんの水を流し続けるより、新しいトイレに交換することで節水対策となります。

▼まとめ
今回は、トイレ交換のタイミングをご紹介いたしました。
故障の兆しが見られてきたら早めに交換を検討しましょう。
当社はトイレリフォームをはじめ、様々な業務を幅広く展開している地域密着型の業者です。
トイレリフォームを考えている方は、お気軽にご連絡ください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE